有限会社夢木房

東広島市で住まいのリフォームなら

リニュアル仲介

リニュアル仲介とは

リニュアル仲介とは、中古住宅を新築同然にリフォームして
マイホーム購入ができる仕組みのことです。
通常の不動産仲介では得られないメリットがあります。

具体的には、

  • 無料で建築士の
    建物調査インスペクションを2物件まで受けられる
  • リフォーム代金を住宅購入代金と一緒に
    低金利のローンが組める
  • 引渡し後のアフターサービスが充実している

というメリットがあります。

その他にも一般的な中古住宅購入時には受けられないこともある税制優遇などを受けることも可能になります。

リニュアル仲介オフィシャルホームページはこちら

リニュアル仲介の特徴

購入前に無償で建物調査を行います。

中古住宅、なかでも中古一戸建ての建物の性能は不安なものです。
リニュアル仲介では、購入に値する物件なのか、
お客様のご希望に応じてインスペクション(建物調査)を2物件まで無料で行います。
建築年度による耐震性の判断、フラット35利用の可否、劣化事象の調査等を
物件案内に同行して調査いたします。

リフォーム費用を住宅ローンに一本化します。

みずほ銀行をはじめ、多くの金融機関が中古住宅購入時のリフォーム資金を住宅ローンで一本化できるメニューを増やしています。
一部売主様のご協力が必要な場合がありますが、リニュアル仲介ではフラット35のご利用も可能です。

瑕疵保険を付帯します。

一戸建ての場合は、家全体に対する5年間の瑕疵保険、
マンションはリフォーム部分に限定されますが、1年間の瑕疵保険または瑕疵保証を行います。

5年間のアフターサービスを提供いたします。

リフォーム完成保証、瑕疵保険(瑕疵保証)、住宅履歴の蓄積、
24時間365日緊急電話対応(無償)・緊急駆け付け(有償)を実施いたします。

リニュアル仲介オフィシャルホームページはこちら

一般的な仲介との違い

通常の不動産仲介の場合

  • 中古物件の住宅性能が分からず、設備も古い。
  • 新築ならではのアフターサービスなどがない。
  • リフォーム代金をローンで支払う場合、住宅購入資金とは別にローンを組む必要性があり、住宅購入資金より割高な金利が設定される場合が多い。
  • 築20年を越える木造住宅、築25年を超えるマンションは住宅ローン減税が利用できない。

リニュアル仲介ご購入者のメリット

  • インスペクションで現状チェック、構造性能※は現在の基準に改修してお引き渡し。※構造性能は木造住宅のみ
  • 完成保証に瑕疵保証。購入後の定期点検から住宅履歴への登録と、中古物件だからこそ新築以上の安心とアフターサービスをご提供
  • 物件購入代金とリフォーム代金の合計金額を住宅ローンとして一括で組むことができ、割安な金利で利用しやすくなる。
  • 耐震基準適合証明書・フラット適合証明書が発行され、住宅ローン減税・フラットを利用することができる。
  • 仲介手数料は物件購入代金にのみかかり、リフォーム代金は含まれない。

リニュアル仲介オフィシャルホームページはこちら

リニュアル仲介の流れ

リニュアル仲介の登録申し込み(無料)借入可能額の審査
物件探し建物調査(事前インスぺクション)建物調査(最終インスペクション)リフォームプラン売買契約正式な融資審査リフォーム工事契約金銭消費貸借契約融資実行・お引き渡し

リニュアル仲介オフィシャルホームページはこちら

よくある質問

リニュアル仲介に最適な物件はどんな物件ですか?

リフォームをすることが前提となる物件に最適です。
特に次の条件にあてはまるような物件はぜひリニュアル仲介のご利用をお勧めします。
  • 耐震性に不安がある物件
  • 200万円以上のリフォームが必要な物件
  • 築20年以上の木造住宅で住宅ローン控除が使えない物件
  • 新耐震基準(1981年6月以降確認)を満たしているマンション
  • 瑕疵担保責任免責となっている物件
  • まだリフォームがされていない物件
  • 古家付きの売り地(建物をリフォームできればお得になるかもしれません)

リニュアル仲介に向いていないのはどんな物件ですか?

リフォームをすることが前提となるので、大規模なリノベーション済みの物件には向いていません。
特に次の条件にあてはまるような物件は通常の不動産仲介でご紹介させて頂いています。
  • フルリノベーション済みの物件(リフォームの必要性がないため)
  • 築浅の物件(築1年~2年程度でリフォームの必要がないため)
  • 新築物件(リフォームの必要なしのため)
  • リフォームしてもフラット適合基準を満たせない物件
  • 旧耐震のマンションでフラット適合を満たせない物件

リニュアル仲介の注意点はなんですか?

リニュアル仲介会員でない不動産仲介会社でご案内された物件については
リニュアル仲介を利用することができません。
リニュアル仲介を利用するためには、
リニュアル仲介会員の弊社で物件のご案内をさせて頂く必要がある点にご注意ください。
リニュアル仲介を利用するためには、建物調査を行う承諾とリフォームに関する特約を売買契約書に入れるため
売主様と売主様側の不動産仲介会社の協力が必要になります。
承諾が得られない場合には、リニュアル仲介の利用が難しいケースがあります。
※売主側の不動産仲介会社にリニュアル仲介の利用を断れてしまった場合でも、
リニュアル仲介を利用できる場合があります。詳細は弊社宛にご相談ください。

リニュアル仲介の利用条件はありますか?

リニュアル仲介を利用するためには、一定のリフォーム工事をすることが前提となります。
詳細につきましては、購入物件が確定後のリフォーム工事の際にご相談にのらせて頂きます。
条件を満たせない場合には、他の方法をご提案させて頂きますのでご案内下さい。

フラットの融資基準はどんなものでしょうか?

フラットの融資基準は以下のとおりです。
  • 年収400万円未満・・・返済比率30%以下
  • 年収400万円以上・・・返済比率35%以下
  • 床面積は戸建ては70m2以上、共同住宅は30m2以上で、敷地面積については条件無し
  • 融資限度額は100万円以上8,000万円以下で、建設費または購入価額の100%以内
  • 融資期間 15年以上35年以内(融資期間が20年以下と21年以上で金利が異なります)
  • 団体信用生命保険は原則加入です。(必須ではありません)
  • フラット適合住宅である必要があります。建物調査である程度判断可能です。
その他、詳細につきましては住宅金融支援機構のフラットの利用条件についてのページをご確認お願いします。
【フラット35】のご利用条件

リニュアル仲介オフィシャルホームページはこちら

ページの先頭へ戻る
お問い合わせ、ご相談はお気軽にお寄せください。
  • 無料お見積もり
  • 無料プレゼント